国際ロゴシスト協会

  • HOME
  • 国際ロゴシスト協会とは?
  • ”言霊”とは何か?
  • 紙に書いても、声に出しても思いが叶わない理由
  • ロゴス(言霊)を制する者は、人生を制する
  • ”水に流す”独自の和の文化を持つ国、日本
  • 言霊の叡智と最先端科学を活用する者=ロゴシスト
言霊とは何か?

言霊とは何か?

言葉は言霊にあらず。

言霊とはいったい何なのでしょうか?"霊"という文字が付いていることから、何か神秘的なイメージを持たれているかも知れませんね。しかし、言霊はスピリチュアルとは全く関係ありませんし、宗教でもありません。

言霊とは、口から発せられる言葉と違い、何かの事象に対して、脳が一瞬反応した瞬間を指しています。

例えば、あなたが何かのできごとに対して、"感動した!"とか、"イラっ!"とした、"恥ずかしい"と感じた時。その感情を具体的な言葉に脳が変換する前に、脳が一瞬反応をしたハズです。

実を言うと言霊とは、この具体的な言葉に変換される一歩手前の状態。ある事象に対して、脳が一瞬ピクッ!と反応した瞬間のことを指しています。

いわば、言葉になる手前に頭の中で繰り広げられる脳内言語ということです。その結果として、口から出た言葉には、言霊としての力はありません。それは燃えカスのようなものであり、もはや言霊ではないのです。

さて、良くある喩えですが、ここにコップが1つあるとします。そのコップには半分水が入っています。これを表現するとき、

・コップには、半分しか水が入っていない。
・コップには、まだ半分も水が入っている。

あなたは、上記のどちらで表現するでしょうか?

これは、どちらが正解というものではありません。あなたの記憶、概念、固定観念といったものが潜在意識にあり、何かの事象に対してどう反応するかは、私達の潜在意識によって決定されています。

裏を返せば、潜在意識に刻まれた固定観念を自在に書き換えることができれば、何かの事象に対する反応(脳内言語)も変わり、外界の捉え方が変わり、あなたの現実は一瞬で変わって行きます。

これは、西洋式の成功哲学でも言われてきたことなので、ご存知の方も多いと思います。

−−−−−

あなたは今、デートで楽しく盛り上がっています。素敵なレストラン。とっても美味しい食事。可愛い彼女。今日は最高の一日です。

…と、その時、突然あなたの携帯電話が鳴り、実家で父親が倒れたとの知らせが届きました。幸い、入院するほどの大事には至らなかったものの、楽しかったデートは台無し。それまでの楽しい気分は一瞬にして吹き飛んでしまいました。

−−−−−

もちろん、目の前で展開されている場面は、数分前と殆ど変わりません。しかし、電話が終わったあなたはソワソワ。さっきまで素敵だと思っていたレストランは何となく居心地悪く感じ、食事はまるで砂を噛むようで、味なんてほとんど分かりません。彼女は可愛いけれど、今日はもうデートなんて気分ではなくなっています。今あなたの脳内で展開される会話は、倒れてしまったという親の心配で一杯であり、もはやデートどころではありません。

多少場面の違いはあるにせよ、あなたも似たような経験の1つや2つはあると思います。

つまり、あなたの目の前で展開している光景は現実そのものではなく、あなたの潜在意識と言霊によって常にその瞬間瞬間に創られ続けているのです。いま、この瞬間もあなたの世界は常に創造され続けています。

潜在意識という壁

ある肥満に悩んでいる方がいました。彼は、明らかに太り過ぎです。医者からも、このままでは確実に生活習慣病を招くから、しっかりダイエットしてください!と指導されています。

しかし、頭ではダイエットしなければと分かっているのに、ダイエットはまるで続きません。一時は、食事を変えたり、運動をしたりして、多少体重は落ちても、しばらくするとまた元の状態に戻ってしまいます。

彼は意思が弱いのでしょうか?

さて、"健康のためにダイエットをしよう!"

と決意しても長続きしないものです。それは、潜在意識の中に、"食べるのが大好き!"、"ダイエットなんて面倒!"、"運動なんて大っ嫌い!"といった、固定観念が詰まっているからです。

顕在意識(あなたが普段、決断や選択をしている表層の意識)で、"健康のためにダイエットをしよう!"と、決意をしても、潜在意識が真逆のことを考えていると、その努力が実ることはありません。

意識全体で見ると、顕在意識は意識全体の約10%程度。潜在意識は約90%あると言われていますから、顕在意識でいくら正論を唱えたところで、潜在意識が反対していたらとても敵わないのです。同じ理由で、習慣を変えられない人は沢山います。ダイエットとリバウンドの繰り返し、ギャンブル依存症、アルコール依存症、ゲーム中毒、買い物依存症。などです。

西洋式の成功哲学にも、こうした意識を変えるアプローチとして、ビジュアライズやアファーメーションといった手法が存在します。しかし、従来のアファーメーションでは潜在意識の抵抗にあって、現実には願望が変わらないケースが多いハズです。それには、潜在意識の抵抗を受けないアファーメーション。それに、アファーメーションが効果的に作用するための下準備も必要なのです。

紙に書いても、声に出しても思いが叶わない理由→

お問い合わせ
認定講座、セミナーに関するお問い合わせ、
ご相談やその他、国際ロゴシスト協会への
お問い合わせはこちらよりどうぞ。
ページトップへ